サブドメインレンタルサービス

  • toyako.jp
  • hobetsu.jp
  • shinsapporo.jp
  • shin-sapporo.jp
  • しんさっぽろ.jp
  • 新函館北斗.jp
  • 十和田湖.jp
  • RadioOperator.jp

ご利用規約(2015年8月1日)

1. 適用
(1) 本利用規約は、本WEBサイトの運営者(以下『甲』と記す)と、甲が提供するサブドメインレンタルサービス(以下『本サービス』と記す)に利用申し込みを行い、本規約を承認した本サービスユーザー(以下『乙』と記す)との間に適用します.
(2) 本サービスの利用申し込みを行った者は、本利用規約、並びに本サービスを提供するWEBサイト掲載の利用料金及び支払方法を承認したものとみなします.
(3) 本サービスを提供するWEBサイトに掲載されている情報は、本利用規約の一部を構成するものとします.
2. 本規約の変更
(1) 甲は、乙の承諾なしに本利用規約の変更が出来るものとします.但し、利用料金の変更については乙の支払済利用料金の残存期間は従前の規約を適用します.
3. 契約期間の満了
(1) 甲と乙との間の契約期間は原則としてサービス開始日から1年間とします.たとえば1/15がサービス開始日の場合、翌年の1/14が契約終了日になります.
    ただし、次の場合はこれに拠りません
  • 乙が解約した場合
  • 甲が乙の登録を削除した場合
  • 無料試用版(この場合、契約期間は3日間です)
4. 通知
(1) 甲は、乙が契約時に登録したメールアドレス(以下、『登録アドレス』と記す)宛に電子メールを送信する方法で、乙に対しての通知を行います.
(2) 通知は登録アドレス宛の電子メールの送信をもって行われたものとします.
5. 利用料金の支払方法
(1) 乙は、本サービスの利用料金として甲が定めた金額を甲が定めた方法によって支払うものとします.ただし、無料試用版の支払いは不要です.
6. 免責
(1) 甲は、本サービス利用において乙に生じるいかなる損害(システム障害を含む)についても賠償の責任を一切負いません.
(2) 甲は、不測の事態による登録情報の消失につきまして、乙の登録ホスト名と支払済利用料金の残存期間のみ保全を保障することとし、それら以外の乙のいかなる登録情報の保全は保障いたしません.
(3) 甲は、乙が本サービスを利用する事により乙と第三者との間に生じた紛争等に関して責任を一切負いません.
7. 損害賠償の限度
(1) 甲は、事前通知の場合を除いた不測の事態により連続して7日を超えて(168時間を超えて)サービスが提供できなかった月は、契約満了月を1ヶ月繰り延べすることにより乙に対して利用料金を返還いたします。ただし、自然災害等、甲の責めによらない事故の場合を除きます.
(2) 甲は乙に対し、前号に記した利用料金の返還以外の損害賠償の責任を一切負いません.
8. 解約、およびユーザ登録の削除
(1) 甲は、本サービスの運営に支障を来すと判断した乙の行為につきまして、乙に対して登録削除および契約の解約が出来るものとします.
(2) 甲は、利用料金の支払期限内にサービス利用料金の支払いがない場合、乙に対して登録削除および契約の解約が出来るものとします.
(3) 甲は、乙が指定した解約日以降、乙に対する本サービスの提供を停止することとします.
9. 利用料金の返還
(1) 甲は、乙の本サービス支払済利用料金の残存期間内の解約に対して利用料金の返還をいたしません.
(2) 甲が本サービスと本サービスを提供するWEBサイトを終了する場合は、支払済利用料金の残存期間日数を31で割った商(整数)を残存月とみなし、これに支払済みのサービス利用料金を12で割った商を乗じた金額を返還いたします.
(3) 乙は、乙が指定した金融機関への振込みにて前号の利用料金を返還を受領し、振込みに際して発生する手数料を負担するものとします.振り込みに際して発生する手数料は、返還する利用料金から差し引くこととします.ただし、甲が返還する利用料金が振込みに際して発生する手数料以下の場合は、利用料金の返還をいたしません.
10. 特定の登録ユーザに対する本サービス提供の停止
(1) 甲は、乙の登録電子メールアドレスへ連絡の際に乙より返答がなかった場合、本サービスの提供を停止できるものとします.この場合、利用期間の延長や払込み済み利用料の返還はいたしません.
(2) 甲は、本サービスの運営に支障を来すと判断した乙の行為につきまして、乙に対して本サービス提供の停止をすることができるものとします.この場合、利用期間の延長や払込み済み利用料の返還はいたしません.
    本サービスにより名前解決される乙のサーバにおいて、本サービスの運営に支障を来たすと判断する例
  • サーバの所在地に関わらず日本の法律に違反する行為を実行、推進、ほう助する内容を公開している場合
  • サーバの所在地に関わらず日本国内において脱法ドラッグや危険ドラッグと称する物質の販売や使用をほう助する内容を公開している場合
  • サーバの所在地に関わらずフィッシングサイトや社会通念上詐欺やこれに類すると判断される内容を公開している場合
  • サーバの所在地に関わらず法人や個人の名誉を主観により毀損する内容を公開している場合
  • サーバの所在地に関わらず日本国内において無限連鎖講や連鎖販売取引、マルチ商法、マルチまがい商法、ピラミッド商法を行い、またはほう助、推進する内容を公開している場合
  • サーバの所在地に関わらず日本国内において社会通念上迷惑と判断される行為を行っている場合
11. 本サービスの提供の一時中断や停止
(1) 甲は、本サービスの運営に支障をきたすと判断した場合、又は自然災害など甲の責めによらない事故が発生した場合、事前の通知なく本サービスの一時中断、又は終了することができます.
12. そのほか
(1) 甲は、乙のメールアドレスを本サービスを運営する目的にのみ使用し、乙はこれに同意したものとします.
(2) 乙は、甲の個人情報を日本の行政機関や司法機関の求めに応じる場合を除き開示・漏えい等しないことに同意します.
以上